私たちはレーザー機器(周辺機器・オプティクス・非線形光学結晶・光学部品等)を取り扱うレーザー機器専門商社です。

光スペクトラムアナライザー(高速・高精度) LSAシリーズ

LSAシリーズ 

HighFinesse(ハイフィネス)社

高速・高精度 光スペクトラムアナライザー 

 

 光スペクトラムアナライザーHighFinesse/Angstrom(ハイフィネス/オングストローム)社のレーザースペクトラムアナライザーは、高速、高精度にCWレーザーとパルスレーザーの波長とスペクトル幅を測定できる、コンパクトで高感度な光スペクトラムアナライザーです。

可動部分が無く、掃引しないで全波長域を測定することが可能な為、15 Hz ( 66 ms ) で光スペクトル測定が可能です。

ランプ励起ガスレーザー、スーパールミネセンスダイオード、半導体 LD/LED といった、マルチラインまたはブロードバンド光源のスペクトル分析に最適です。

高精度で測定可能な最大スペクトル幅は スタンダードモデルの場合、2 THz ( 2.6 nm @ 633 nm ) です。もっと幅広い光源の高精度測定をする場合はHDSAをご利用下さい。

LSAに干渉計を搭載する事で、より高精度測定が可能に!

LSA-IR3でCO2レーザーを高分解測定可能に!

custom display

干渉計搭載はカスタム対応となります。詳しくはお問い合わせ下さい。
btn053_05

波長域/特徴

  • スタンダード: 350 ~1120 nm
  • UV: 248 ~1100 nm
  • VIS/UV-II: 192 ~1190 nm
  • IR: 800 ~1750 nm
  • IR-III: 2000 ~11000 nm
  • CW & パルス測定
  • 高精度: 6 GHz ( 8 pm ) @ スタンダード
  • 高速波長測定: 〜 15 Hz ( 66 ms )
  • 高感度: 5 nW ( nJ )@ 633 nm
  • 分解能は2つのステージで表示
  • High stageでの分解能:32 pm @ 633nm
  • Low stageでの分解能: 1.26 nm @ 633nm
  • 校正光源内蔵 (IR3は別途必要)
  • ファイバ入力

基本機能

光スペアナ
光スペクトラムアナライザ

① 波長測定精度と分解能は2つのステージと使用するファイバにより異なります。

A: 画面中段の High stage の Details Analysis 画面

高精度、高分解能で、波長測定可能ですが、計測可能なスペクトル幅の最大はスタンダードLSAでは、2 THz となり、また使用するファイバーにより仕様が異なります。

2 THz は波長に直すと、0.8 nm @ 350 nm、2.6 nm @ 633 nm、8.3 nm @ 1120 nm となります。

もっと幅広い光源の高精度測定をする場合はHDSAをご利用下さい。

波長変動の分解能は350 mm 〜 1100 nm で、3 GHz ( 4 pm @ 633 nm ) です。

隣同士のスペクトルの分解能は、スタンダードLSAで、シングルモードファイバーを使用する場合は、λ/ΔλFWHM = 20000 です。

これは波長が短い場合これより分解能が良く、長い場合は悪くなる事を意味します。

例えば波長 400 nm の場合、Δλ = 400/20000 = 0.02 nm = 20 pm となります。

(330nm以下のUV波長域はシングルモードファイバが無いため、マルチモードファイバーを使用した場合の分解能しか得られませんのでご注意下さい)

一方 50μm コアのマルチモードファイバーを使用する場合、λ/Δλ FWHM = 10000 となります。

波長 400 nm では、Δλ = 400/10000 = 0.04 nm = 40 pm となります。

B: 画面上の Low stageのAnalysis 画面

計測可能なスペクトル幅は、LSA-IR3以外のモデルの場合、波長 x 1.22 以下です。

例えば中心波長650 nm で FWHM 12 nm のSLDの場合、650 x 1.22 = 793 nmなので、Low stageでは計測可能ですが、High stageでは計測出来ないという事になります。

分解能は、λ/Δλ FWHM = 500 です。

例えば波長 400 nm の場合、Δλ = 400/500 = 0.8 nm となります。

② パワー測定

LSAは非常に感度が高く最大入射可能パワーが小さい為 ( 7 μW 程度 @ 633 nm )、通常の光源では、出力の全量をLSAに入射してパワーを測定する事は出来ません。また、縦軸は相対値となっており、dBm や mW 表示は出来ません。

パワーが大きすぎて測定できない場合、アライメントをずらしてファイバー出力を落とすと、レーザー発振領域以外の波長も拾ってしまい、スペクトル幅が広く測定されることがありますので、パワー調整は、アッテネートするか、ビームをピックアップして入力パワーを調整して下さい。

③ 波長の数値表示

Details Analysis 画面の波長の表示は、マルチモードの場合、最大パワーの波長のみ表示されます。

波長の測定精度は350 mm 〜 1100 nm でシングルモードファイバーを使用した場合 6 GHz ( 8 pm @ 633 nm )、50 μm のマルチモードファイバーを使用した場合 12 GHz ( 16 pm @ 633 nm ) です。

④ スペクトル幅測定オプション

スペクトル幅測定の精度は、シングルモードファイバーを使用した場合、波長の絶対精度の 10 % です。

測定可能な最小スペクトル幅は、スタンダードLSAの場合、δλ/λ = 2*10 -5 ( 10 GHz @ 633 nm)

測定可能な最大スペクトル幅は 、LSA-IR3以外のモデルの場合、1.5 THz ( 0.6 nm @ 350 nm、2 nm @ 633 nm、6.2 nm @ 1120 nm ) です。

注意:

・50 μm より大きな径をもつマルチモードファイバーを使用すると、正しく計測できませんのでご注意ください。

・線幅オプションは、330nm以下のUV光の場合、シングルモードファイバーが無い為、「 Out of Range 」と表示され、測定できません。

HDSA、波長計も含めた性能比較はこちらをご参照下さい⇒

モデル別スペック比較

Model LSA
Measurement Range:
Standard(350~1120 nm)
UV-I(248~1100 nm)
UV-II(192~800 nm) x
UV-II-VIS(192~1190 nm)
VIS/IR(400~1750 nm) ○(開発中)
IR-I(800~1750 nm)
IR-II(1000~2250 nm) x
IR-III(2~11 μm)
Absolute Accuracy *4:
192~370 nm *1 6 pm 
370~1100 nm 6000 MHz 
IR-I 20000 MHz
Quick Coupling Accuracy 20000 MHz with multi mode fiber
Wavelength Deviation Sensitivity :
248~370 nm *1 5 pm 
370~1100 nm 3000 MHz
IR-I 5000 MHz
Spectral Resolution:
Standard, UV 20000(SM), 10000 (MM)
IR 4000(SM), 2000 (MM)
Linewidth High Stage *2
Accuracy 10%
Linewidth

3000 MHz *3,IR-I:40GHz(min.),  1.5 THz(max.)

Measurement Speed *5:
Data Acquisition 500 Hz
Wavelength Calculation 60 Hz
Linewidth Calculation 50 Hz
Pattern Display 50 Hz
Required input energy and power:
Standard 0.0001 – 0.04 up (uW)
UV 0.0001 – 0.1 uJ (uW)
IR 0.002 – 2 uJ (uW)
Defraction Grating, FSR ~5400 GHz
Coupling Fiber Diameter 50 μm or SM fiber set
Calibration built-in *8
Calibration Period ≦1 month (will be detected and done automatically)
Model LSA IR-III
Type 2-3 Type 4-6 Type 2-11
Measurement Range 2~3 μm 4~6 μm 2~11 μm
Absolute Accuracy *1 1 nm 2 nm 5 nm
Relative Accuracy 1.25 x 10-4 3 x 10-4 5 x 10-4
Wavelength Deviation Sensitivity 0.7 x 10-4 1.5 x 10-4 2.5 x 10-4
Spectral Resolution 15 nm 20 nm 30 nm
Linewidth Measurement Accuracy 15% ( but not better than 10 GHz )
Maximal Linewidth 1 THz (up to 15 THz *2)
Measurement Speed  Wavelength & line width calculation: 200 Hz, Analysis: 15 Hz
Required Input Power Pulsed: 10 μJ, CW: 0.2 mW
Diffraction Grating, FSR ~2.7 THz
Coupling Fiber PIR-450/500 or CIR-450/500
Calibration 3.39 μm He Ne calibration laser (not included)
Calibration Period 15 days
Power Supply External power supply included
Downloads
Data sheet Download ⇒ダウンロード (PDF, 119KB)⇒IR3 カタログダウンロード(PDF, 142KB)

NOTE:

*1 With multi mode fiber
*2 Only for standard range of 370 – 1100 nm
*3 But not better than 5 % of the line width
*4 According 3σ criteria
*5 Without auto calibration usage
*6 The cw power interpretation in [μW] compares to an exposure of 1s (generally the energy needs to be divided by the exposure time to obtain the required power)
*7 For further information on IR-III device see separate sheet
*8 not IR-III, external calibration source needed, e.g.SLR1532
*仕様は予告なく変更になる場合がございます。

更新 2014/11/13

お気軽に御問合せください。 TEL 03-6868-0848 営業時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 株式会社アルクゥズ All Rights Reserved.